Do you Know the mechanism of the RecycleShop ?

今後も必要な酸性土壌の緑化

一度、酸性土壌の緑化を行う事に成功したからと言って、油断する事はできません。というのも、酸性土壌の緑化は、また酸性雨が降り続ける事で、元の荒れた環境に戻ってしまう可能性があるからです。

酸性土壌の緑化を行うには、いい状態を長く保つ事について考えなければなりません。また、植物のない場所には、酸性土壌の緑化を行う必要がありますが、それだけでは、十分とはいえません。

酸性土壌の緑化を本当に成功させるためには排ガスなどを排出しない様な、システムを開発し、導入するなどして、雨が過度な酸性の状態にならない様にするという事も大事ではないでしょうか。あらゆるアプローチが重要となります。

現在における酸性土壌の緑化

これまでに土壌が酸性化したため、酸性土壌の緑化を行う事で、自然を再生する事に成功している地域もあります。しかし、酸性土壌の緑化はそれでいいかと言われると、そうではありません。

酸性土壌の緑化を行うには、広い土地に対策をする必要があったり、コストや手間をかける事ができなかったり、また酸性土壌の緑化をしても、雨量が多く、今後も酸性雨に悩まされる可能性が高い場所など、いろんな事情があります。

これまでの酸性土壌の緑化の方法を今後も改良していく必要があるでしょう。この様に考えると、まだ課題はたくさんあると思います。すぐに解決でなくても、少しずつ状況を改善していく事が欠かせません。

酸性土壌の緑化で環境保護する活動について

日本で多いとされている酸性土壌は、雨が原因とされ、植物が好まない環境とされています。酸性土壌の緑化の活動は、改良剤を使用しながら進められます。その1つが石灰剤です。

植物が育ちやすい環境で、地球の温暖化対策をはじめとする、環境保護、社会への貢献につながります。日本の土壌は酸化の環境が多いため、二酸化炭素の削減、大気汚染の対策など、あらゆる環境問題に取り組むため、土壌の緑化は企業団体等によって進められています。

海外では、中国なども環境汚染が問題視されています。土壌の酸化は、今後の重大課題になってきます。環境汚染をくいとめ、緑化を推進する必要があります。

リンク

おすすめ