Do you Know the mechanism of the RecycleShop ?
酸性土壌の緑化における散気管の役割コンテンツ一覧
  1. 酸性土壌の緑化における散気管の役割
  2. 酸性土壌の緑化に関する対策 基本編
  3. 植生で酸性土壌の緑化をしよう
  4. 酸性土壌の緑化に必要なアルカリ中和
  5. 強い酸性の場所での酸性土壌の緑化
  6. 酸性土壌の緑化の詳細について
  7. 酸性土壌の緑化の仕組み
  8. 酸性土壌の緑化についての考察
  9. 酸性土壌の緑化がもたらすこと
  10. 家庭菜園における酸性土壌の緑化について
  11. 酸性土壌の緑化を発信しよう

酸性土壌の緑化における散気管の役割

酸性土壌の緑化においてまず重要な事は、土壌に適する植物を生育させる事にあります。ですが酸度が強過ぎる場合や、溶解している酸性物質の内容に問題がある場合については、散気管を通しての排水が重要となって来ます。

散気管は水に溶けた酸性物質をスムースに排出させて土壌の適正化を促すのみならず、排水自体に処理を要する場合の適正化にも繋がる役割を担う事となります。大量の排水の短時間処理が可能となるので水の入れ替わりが活発となり、設置していない状況では考え難い新たな植物の生育を検討できる事で、酸性土壌の緑化の成功にも直接的に繋がる事となります。

酸性土壌の緑化に関する対策 基本編

日本は雨の多い気候のため、土の中のカルシウムやマグネシウムが溶けだし、酸性土壌になりがちです。例えば野菜に適したpHは6.0〜6.5などと言われます。またpHが4.0以下になるとほとんどの植物は生育できなくなります。酸性土壌の緑化のためには土壌のpHの調整が必要です。

基本編としては石灰を撒いて混ぜることです。消石灰は中和作用が強いため、面積が小さい土壌の場合は避けたほうが良いです。作業は種まきの1ヵ月〜2週間前に行い、たい肥も同時に散布しよく混ぜます。石灰だけだと土が固くなってしまいます。また野菜の栽培などではなければ植生マット等を使用する方法もあります。植生マットには植物とたい肥、それに土壌を中和する作用がすべて含まれているため、植物の育成が困難な酸性土壌の緑化を行うことが可能です。

植生で酸性土壌の緑化をしよう

土には酸性・アルカリ性とがあります。植生をする場合にうまく行かない場合は、その土壌に適さない植物なのかもしれません。酸性土壌の緑化をするには酸性土壌に適した植物を植える必要があります。

酸性に適した植物は多いため、酸性土壌の緑化は決して難しいことではありません。

環境保護の観点から、酸性土壌の緑化の取り組みを行なっている企業というのは年々増加していっている経口にあります。そのための専門知識を持つスタッフを雇い入れたり、高性能の機械類を導入することで効率よく推し進めようとする企業が多くなっているのです。

酸性土壌の緑化に必要なアルカリ中和

酸性土壌の緑化には、酸性状態からの回復が必要になります。どのようにして回復させるのかというと、酸性土壌に対してアルカリとしてカルシウムを加えて回復させます。

必要なカルシウム量としては、土壌の滴定酸度の3.5倍に相当する石灰量といわれています。さらに正確に行おうとすると、一定の土壌に種々のカルシウムを加え、pHを測定します。それから、酸性土壌の緑化に必要な最適pHまでの所要のカルシウム量を加える緩衝能方式によって行われます。

また、植物の種類によって酸性土壌に対する適性や耐性が異なるので、中和に必要なアルカリの量は異なります。

強い酸性の場所での酸性土壌の緑化

日本では、土壌は賛成であることがほとんどです。しかし酸性が強すぎるあまり、植物が育たない場所もあります。強すぎる酸性土壌を緑化するには、工夫が必要です。

しかし便利な物が開発されている為、強すぎる酸性土壌の緑化は、容易に実現することができます。マットを緑化したい場所に敷く事で、緑化することができます。

他にもいろいろな酸性土壌の緑化対策の製品が開発されており、多くの企業が緑化活動に力を入れています。シートのほかにも、法面緑化があります。法面に植物を繁茂させることで、法面の保護を図る方法です。この工法により、一度に多くの緑化をすることができます。

酸性土壌の緑化の詳細について

環境の問題の一つとして、土壌での問題が挙げられます。日本の国土においては酸性が強すぎてしまう土壌が多く存在し、企業をあげて土壌を改良する活動がおこなわれています。土壌改良をおこなっていく一つの方法として、酸性土壌の緑化が挙げられます。

一見むずかしそうにも思えますが、酸性の土壌において緑化していく方法はいくつもあり、その土地にあった方法での酸性土壌の緑化もできますので、非常に有効な方法とも言えます。

酸性土壌の緑化におけるエキスパートもいますので、大規模な緑化の場合にはその様な人達の指導を受けてみてもいいかも知れません。

酸性土壌の緑化の仕組み

一般的に日本の土壌は酸性が多いとされており、雨が降るなどの原因により、土壌の性質も変わることがあります。
極端に強い酸性の土壌では、植物が育たないこともあり、様々な企業団体や地方自治体などによって酸性土壌の緑化を行うための工夫が行われています。

法面に植物を繁茂させる法面緑化が多く取り入れられており、雨水による法面の侵食を防ぐことで風化が抑制されます。周辺の自然環境と調和の取れた植物も植えられることで、景観の保全にも有効的です。さらに石灰剤などを用いて、酸性をアルカリ性に傾ける酸性土壌の緑化作業が行われることもあります。

酸性土壌の緑化については株式会社タイキへ。
大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号

酸性土壌の緑化についての考察

酸性土壌の緑化についてですが、日本の土壌においては、作物が育ちやすいように、緑化することが必要不可欠だと言えるでしょう。

山や森においては、木が育ちやすい土壌の緑化が大切でしょう。

作物や木が良く、健康に育つ環境は、人間や動物にとっても、たいへん感謝すべきことになるかもしれませんし、美味しい、健康にも良い野菜などが育つことにもなるでしょう。健康にも良い土壌作りは、たいへん大切な環境問題だと言えるでしょう。

アルカリ性の土壌や酸性の土壌と言っても、まだまだ認知度が低いのが現状ですが、まずは一人ひとりがしっかりと勉強することが必要です。

酸性土壌の緑化がもたらすこと

現在、日本国内の土地のほとんどが酸性土壌になってきていると言われています。アルカリ性の土壌はほとんどありません。強い酸性の土地では植物は育たずに枯れてしまいます。

土壌の酸性化が進むことによって、生態系や食物のバランスは崩れてしまいます。そのため、アルカリ性に近い土壌を作ることが必要になってきます。

酸性だった土壌をアルカリ性に近い土壌にすることで、植物が育つのに適さなかった土地に、再び植物が生えて緑が復活します。それが酸性土壌の緑化です。土壌の酸性化を防ぐことでたくさんの植物が育ち、生態系を守ることもできます。

家庭菜園における酸性土壌の緑化について

家庭菜園をする際に、土の性質を知らないとうまく植物が育ちません。土作りをするには土の性質である酸性かアルカリ性を知る必要があります。

植物にも酸性土壌が好きなものと、弱酸性土壌が好きなものがあります。土作りと植物の性質によって土の性質を変えていかないと、植物は育ちません。

日本は比較的雨が多いので、土が酸性に傾いている傾向にあります。しかし、何回も植物を育てていると土の性質が変わるため、石灰資材である苦土石灰や消石灰などをまいて、土を酸性にする必要があります。そのため、家庭菜園をする際には、酸性土壌の緑化である土作りから始めないといけません。

酸性土壌の緑化を発信しよう

昨今、環境問題、エコ等、クローズアップされています。企業もいかに環境に貢献しているかをホームページにのせています。今日において、環境に優しい取り組みは、個人、法人を問わず、当たり前の時代になっています。緑が少なくなってきて、緑を増やそうという動きも増えています。

緑化と聞いて、嫌な方はいないでしょう。緑は憩いをイメージさせます。酸性土壌の緑化、という取り組みはとても素晴らしく、また、とても皆さんの努力協力が必要です。皆さんがこの取り組みを発信し続けることにより、酸性土壌の緑化は、もっとメジャーなエコプロジェクトになる事でしょう。皆で発信しましょう。